Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/maplus2-3/www/touyouran/wp-content/plugins/usc-e-shop/functions/template_func.php on line 2081

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/maplus2-3/www/touyouran/wp-content/plugins/usc-e-shop/functions/template_func.php on line 2123
東洋蘭用語 « 寒蘭専門店|東洋蘭センター
ホーム > 用語集 > 東洋蘭用語

東洋蘭用語


株についての用語

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


栽培用語

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


花の用語

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


葉芸用語

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


葉幅による区分

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


葉の柄による区分

苞(ほう)

花茎の節についた小苞をいう。

花間(はなま)又は(かかん)

花と花の間隔を言う。

花茎(かけい)

花をつける茎をいう(花軸ともいう)。

舌(ぜつ)

唇弁の付け元の樋状部分(腮)を除いた舌状の部分をいう。

芯体(しんたい)

内弁の内側にあり、細長い棒状の花柱全体を言う。

内弁(ないべん)

2枚の花弁のことで、棒心(ほうしん)とも言う。

腮(し)

唇弁の付け元の樋状部分をいう

葯(やく)

芯体の先端部をいう。

副弁(ふくべん)

外弁のうち、左右に開く2枚の弁をいう。

主弁(しゅべん)

外弁のうち、上方に開く弁をいう。

外弁(がいべん)

3枚の萼(がく)を言い、主弁(天弁)と副弁を総称して言う。

唇弁(しんべん)

内弁の内側にある花弁で、舌状の部分とその奥にある樋状の部分よりなっている。

子房(しほう)又は(こふさ)

外弁の付け元にある子房と、これに続く花柄(かへい)を総称していう。

新子(しんこ)

新芽のこと。その年に出た新しい芽。

新木(しんき)

新芽が成長し、次の年に芽を伸ばすまでの間は新木という。

親木(おやき)

成長した新木が次の年、新しい芽を伸ばした時の事を言って、3年以上経ったものは古木という。

いも・バルブ

蘭の葉元の球茎。葉が枯れ落ちて球茎だけのもの。

袴(はかま)

球茎を包んでいる部分でここに芽当り(めあたり)が付く

なぎなた・かみそり

球茎から一枚だけ葉を伸ばした姿のことをいう。

心葉・止め葉

最後に出る中心の葉


その他の用語