ホーム > 展示会のご報告 > 平成24年度 東洋蘭センター新芽会・柄物会の報告 PART①

平成24年度 東洋蘭センター新芽会・柄物会の報告 PART①

10:22 AM

平成24年度東洋蘭センター新芽会・柄物会のご報告

7月21日(土)、22日(日)に新芽会を開催しました。好評だった昨年の新芽会よりも多くの力作

『羅冠』

の出品をいただきました。今年は、新芽の出が悪く、例年よりも一月も二月も遅い出芽となり新芽会の開催を一度は断念したものの、多くのお問い合わせをいただきましたので昨年よりも20日程遅い開催となりました。7月も半ばを過ぎると大変暑くなり、蘭の移動も難しくなるため、あまり出品して頂けないのではと心配していたのですが、多数の出展をいただき大変な見ごたえのある展示会となりました。

今回の展示会の注目は、やはり『柄物』でした。羅冠を筆頭に、平成王、縄文錦、紺波流、蒼琳、天寿など一級品ばかりが勢ぞろいし、どこの展示会でも再現不可能な素晴らしいものになったと思います。柄物の他にも、泰翔や金紫鳥など大変珍しい品物の出品があり注目を集めていました。

 当店店主より一言

今年は新芽が遅れ、通常より一月遅い展示会となりました。にもかかわらず、多くの方にご来場いただきまして感謝しております。展示会を通して感じたことは、やはり作が上がり良い芽が出ることは、蘭を作る上で励みになり、大変見ているだけで気持ちの良いことだと改めて感じました。皆様の力作を拝見し、これからの花を付ける蘭たちへの情熱が湧いてきました。

 また、同時開催しました柄物会においては、上記に申し上げた通り『柄物』の良さを再確認させていただきました。柄物たちの前にすると時間を忘れてただぼーっと眺めていたくなるほどでした。来場して頂いた方々にも満足していただけたのではないかと思います。

 

今回は出来るだけ多くの出品物の画像を掲載しましたので、ご来場いただけなかった方々にもこの展示会を楽しんでいただければ幸いです。

平成王

縄文錦

 

 

 

 

紺波流

 

 

 

金紫鳥

 

 

 

 蒼琳

 

泰翔

 

 

 

 天寿

 

 

無名 紺覆輪中透け縞

 

(仮) 新世冠

 

 

不動冠

 

 

(仮) 青獅子

 

荒城の月

 

 

無名 先斑

 

 

交配種 黄花一文字×一酔

(仮) 日向錦 (交配種 君子宝×帝王)

 

 

 

 

交配種 黄花一文字×一酔

 

緑宝

 

 銀河

 

 春光

 

 

 PART②へ進む